NPO法人 生活の発見会

  水 戸 集 談 会

参加者からのひとこと


■Kさん(男性・40代)
 最初はどのような場所か不安と緊張でいっぱいでしたが、他の方の悩みや苦しみの話を聞き、共に学び、考えを整理するうちに心が楽になりました。真面目な時もあれば、のんびりと過ごせるこの会に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
■Gさん(男性・60代)
 定年になり、自分の時間ができましたが、毎月集談会に出席して森田療法を生活に取り入れ、生涯学習として学んでいくことで、今後の自分の生き方の指針にしていきたいと思っています。また、集談会は、退職した人にとっては、自由に発言できる貴重な居場所です。
■Tさん(女性・40代)
 こんな自分ではだめだと、性格を変えなければと、ずっとそう思ってきました。でも皆さんと話したり森田を学んでいくなかで、違う自分になる必要なんてなかったんだとわかり、気持ちが楽になりました。
■Kさん(男性・60代)
 「こんな細かいこと、些細なことで悩んでいるのは自分だけだろう。話しても、今まで共感してくれる人は誰もいなかった。」でも、ここ(集談会)は、繊細過ぎて生きづらさを感じている人たちが集う場だから、皆と共感しあいながら意見交換できる貴重なところです。共感できる仲間がいると、それだけで心が軽くなることを実感できます。そして、「不可能なことを可能なことと誤解して、涙ぐましい努力を続けた結果が、今の悩み・苦悩の原因」という、コペルニクス的な視点を持つ森田療法の基本を共に学んでいきましょう。
■Sさん(男性・40代)
 メンタル問題の解決には長い時間がかかりましたが、同じ悩みを持つ人たちと学び規則的な森田的生活をすることにより最近症状が軽減してきました。今後は、新しい自分を見つけ楽しい人生にしたいと思います。
■Mさん(女性・60代)
 会に参加し皆さんの話を聴いたり、学習を続けていくうちに、だんだんと自分というものがわかってきました。極端な生き方で生きづらさばかり感じていましたが、少しずつ解放されてきたように思います。
■Hさん(男性・70代)
 最初に参加した時の「これで良くなれるんだ」という喜びを今でも鮮明に覚えています。その後も参加を続けゆっくりですが、着実に良い方向に変わってきていると思います。
■Fさん(男性・60代)
 私は、対人恐怖、死の恐怖、不安神経症、これらが主症状です。もう30年くらい会に入っていて、水戸集談会には、ほとんど参加しています。初めはこんなこと悩んでいるのは、自分だけだろうと思っていました。でも森田関係の図書を読む中で、同病相憐れむ人はいると確信し、集談会では、実際、身近に感じて、自分を受け止めてくれる人がいると思いました。その間、しっかりと「森田理論」を基準型学習会で学ぼうと思い、体験しました。やはり、自分の悩みが何で、どう対応すればいいのかが分かってきました。一緒に学習する、集談会の仲間は私の人生の宝ものです。もう少し、身体の動くうちは集談会で一緒に学ぼうと思っています。神経質の悩みを持つ方は、ぜひ、私たちの水戸集談会にどうぞおいでください。お待ちしていますよ。
■Eさん(男性・70代)
 集談会に参加したころは緊張が強かったですが、いろいろ役を引き受けてやっているうちに症状も気にならなくなりました。日常生活が大変楽になりました。